必要とされる役割

企業に勤めていた人が一念発起して独立して起業するということが広まってきている。これは仕事の自由の考え方が浸透したことにより企業に縛られずに自由に仕事をしていきたいと考える人や、IT業界を中心として個人事業やベンチャー企業を立ち上げた人たちの成功談が広まってきたことにより高年収を狙って事業を起こしたいと考える人が増えてきたからである。

フリーランスをする人はその仕事の内容として企業でも行おうと思えば行えることを担う場合が多い。しかし、企業では実際には行いにくいことを実現することを目的としているケースが多く、それがフリーランサーとして働くことの意義につながっている。

企業においては利益を上げることが最優先される傾向がある。そのため、商品においては大量に規格化されたものを製造して販売することに長けている。しかし、高品質な唯一無二のものを作り出すのには向いていない。そういった観点から陶芸家や画家が作り出す匠の仕事はフリーランスの仕事として重要となるのである。
一方、企業において自社の社員では担いにくい仕事を外注する先が求められており、それを担う役割も果たしている。一般企業における社内システム開発等がそれに該当する。こういった仕事では専門企業に外注するよりも安価に行ったり柔軟性の高い対応をしたりすることが一般的となっている。そのため、多くの企業においてフリーランサーが起用される傾向が生まれてきている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です