税金対策とその苦労

フリーランスとして働く人の中で特に多いと言えるのが、エンジニアではないだろうか。
エンジニア達がフリーエンジニアとして仕事をすることを決意する多くの理由は、高収入となるからである。それゆえに仕事を辞めて個人事業主として独立し、仕事を探す営業活動を行いながら、エンジニアとしての専門の仕事も高い品質で仕上げていくという道を選ぶのである。こういった際に忘れてはならないのは税金対策であり、せっかく収入が高くなっても多額の税金を払ってしまっては元も子もなくなってしまう。節税の観点を持つことが手取りの収入を増やすために不可欠であるが、こういった視点が欠けているエンジニアも少なくない。

その基本として、確定申告において青色申告を行うというものがある。これを行うだけで年間で最大65万円の控除を得ることができる。それに加えて、家族を従業員として雇ったり、赤字を翌年に計上したりすることが可能になり、節税の観点が多数ある。しかし、青色申告を行うためには複式簿記による帳簿の作成が必要になるため、複式簿記とは何かということから学ばなければならないという苦労をすることになるだろう。しかし、そういった経理や税制についての理解を深めることがフリーエンジニアとしてしっかりと無駄なく稼ぎをあげていくためには必須のことになるのである。また、確定申告に際しては申告書類の準備も行う必要がある。税理士に依頼することも可能であるが、費用がかかることを考えると書類の整え方を学ぶことがより出費を減らすために不可欠となるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です