フリーランスでのやりがい

フリーランスのやりがいは、自分の頑張り次第で仕事を増やすことができるところだ。仕事が減る恐れもあるが、その反対に仕事を一気に増やすことも可能になってくる。それに伴って年収も上がるので、やりがいがあるといえるかもしれない。自分の営業の仕方によって、年収を大きくアップさせることもできるだろう。しかし、そのためにはそれなりの営業戦略が必要になってくるのではないだろうか。黙っていても仕事が入ってくるのは、仕事がある程度軌道に乗ってこないと期待できない。そして、軌道に乗るためには、それなりの仕事をこなしていく必要もある。軌道に乗る前段階では、自分で工夫して仕事を獲得して、その評価を高いものへとしていくことが重要なのではないだろうか。その評判が他の仕事へとつながるときもあるのだ。

また、仕事の仕方を自分で工夫することができるのも、やりがいがあるといえるかもしれない。「もっとこうやったら効率がいいかも」と思うことがあれば、それをすぐに実践することが可能だ。自分で仕事をしているわけなのだから、自分がそうする方がいいと思ったら、誰かに了解を得る必要もない。マニュアルも自分で考えることができるし、そのマニュアルを変更することも自由ではないだろうか。しかし、それを実行することの責任は、自分の仕事へと影響してくる。自分が考えたことがそのまま仕事に影響するのは難しいところだが、それがまたやりがいだといえるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です